月別アーカイブ: 2月 2015

絶景の明野レイクウッドGC VOL.3

美しい池越えに見えるクラブハウス。茅が岳もまじかに見える・・・。池の淵にあるティーグラウンド。絵になります・・・。池越しに見る鳳凰三山の絶景・・・。そして甲斐駒・・・。戦い終わって風呂浴びて、クラブハウスの外の出でると美しい夕照にアルプスが輝いていた。今日は4回も池ポチャ(汗)。広くて速くて傾斜の強いグリーンに苦しみ3パット4回。もっとうまくなってこの素晴らしい景観を楽しみながらプレーしたいものだ。(終)八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだせ~!応援たのんます!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: ゴルフ | コメントをどうぞ

絶景の明野レイクウッドGC VOL.2

標高750mながらフラットで広々としたフェアウエイ。日照時間日本一と暖かい太陽が降り注ぎ、雨が少ないという気象条件。7つの池が周囲の峰々と織りなす絶景。八ヶ岳南麓でも屈指のリゾートコース、それがレイクウッド明野GCである。練習グリーンからもこの絶景!グリーンは広くて、しかも傾斜がきつく速い。エッジにオンすると簡単に3パット、へたすると4パットの難しいグリーンだ。もちろんメンテナンスは抜群!今日は2月としては珍しく風もなく暖かい!ラッキー!今日もクラッシックスタイルでいってきます!INスタートの10番は、甲斐駒に向かっての打ち下ろし。目いっぱい振れます(喜)。でも左の池が危険だったか(汗)。7つの池がプレッシャーを与える。このショートも右の池が怖い。でもティーグランドからの景色は美しい。絶景に向かってナイスショット!といきたいところだったが、アッシは見事に右の池につかまりヤンした。なんでこうなるんでしょうかね~(笑)。こちらのミドルホールも池越えだ!レイクウッドというだけあって池だらけ(汗)。八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: ゴルフ | コメントをどうぞ

絶景の明野レイクウッドGC VOL.1

冬は天気が良いと山が大変綺麗に見える。そこで天気の良い日に日本屈指の山岳展望の広がるゴルフコースにチャレンジだ!まずは山荘から約20分弱でいける明野レイクウッドGC。山荘から車を飛ばすと約15分、明野地区に入ってきた。後方に八ヶ岳の雄姿。そして右手には南アルプス北部の大山脈。明野は茅ケ岳北鹿に広がる高原で、ひまわりでも有名だが、最高の山岳景観を楽しめるところだ。鳳凰三山がまじかにドーンと聳える。そして圧巻は甲斐駒ヶ岳(2967m)。釜無川の底から高度差約2400mをせり上がるピラミダルな姿は息をのむ絶景。この豪快で美しい山体はここから見るのが最高だ。ちょうど頂上直下の赤石沢の奥壁の大岩壁が真正面に見え、その左手には摩利支天峰。甲斐駒の峻烈さが際立つ角度なのである。奥壁のダイヤモンドフランケA赤蜘蛛ルートは有名だ。ハイジの村・・・。ここからの鳳凰三山~甲斐駒の連なる眺めも素晴らしい!振り返れば、今来た道の向こうに豪快な八ヶ岳連峰!最高の天気!ゴルフ場からの眺めが楽しみだ!八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: ゴルフ | コメントをどうぞ

久しぶりの上津金

1月の最終土日に氷上トライアスロンに出場して以来、約1か月ぶりに上津金の山荘にやってきた。去年はこの時期大変な大雪だったが、この土日はすこぶる天候が良いということでイソイソとやってきたワケだ。山荘入口の急斜斜面には雪が・・・。山荘へと上がってくる道は日陰なので雪が解けないのだ・・・。これでは車で山荘の駐車場まで登ってくることはできない。4WDじゃね~し・・・。
不便だが、この時期は別荘地入口付近の林道脇に駐車させてもらうしかないのだ。南斜面の庭にも雪が残る・・・。隣の自然舎の裏庭にも雪。アプローチの猛特訓をしようと意気込んでゴルフボールもって来たが、無理だった。(笑)しかしテラスから見る南アルプスは実に素晴らしい(喜)!地蔵岳と高嶺が正面にど~んと聳える・・・。北岳も真っ白く輝いている!この時期はもっとも峰々がクリアーに輝いて見え、寒いが最高の景色をテラスから楽しむことができる。山屋にとって至福の季節だ。吹き抜けの柱に氷上トライアスロンのリブを飾った。あまりにもスケートがしんどかったので来年の雪辱を誓い、飾っておくことにしたのである。これを見ればスケートの練習をする気になるだろうと(笑)。八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

 

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 静岡おでん紀行 最終回

久能山からほど近くに三保の松原がある。ここにも行ったことがなかったので立ち寄ることに。車で30分も行けば到着だ。世界文化遺産に登録されたことでたくさんの観光バスが駐車していた。素晴らしい松林、そこを抜けると~・・・。お~~、抜群の開放感!天気晴朗なれど、波高し ってか・・・。いつも写真でみているあの風景、そう、「松原と海の彼方にそびえたつ美しい富士」の写真の撮影ポイントを探し回ってみたが見つからず(汗)。せいぜいこんなポイントが限度だった。あの写真はどこで撮っているんだろうか・・・。しかたないので海をバックに・・・。不完全燃焼の三保の松原でした(笑)。そして本日の宿泊地、伊豆高原に到着。最高のロケーションの温泉露天風呂のある赤沢に直行!ここです!赤沢温泉ホテル。
日が沈む直前に突入~!お~っ!見事なまでの素晴らしい展望温泉露天風呂。太平洋から赤沢港、そして赤沢の別荘地を望む絶景が眼前に広がる暮れゆく伊豆高原・・・。水平線と風呂の水面が重なり合って、抜群の開放感・・・。あ~・・・、静岡のおでん、よかったなあ~。ーおわり八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ

番外編 静岡おでん紀行 VOL.6

いよいよ社殿が近づいて来た。家康公は久能山に眠ることを家臣に託し、1616年4月17日没。徳川家康公を祀る最初の神社がここだ。遺骨は日光東照宮に移管されたといわれているが、実際にはここにあるという。マズはお清め・・・。う~~、冷た・・・。社殿入口。山の下から実に1159段を登る道のりであった。ちなみにロープウエイからだと100段とか。あまりにも重厚で美しい扉・・・。拝礼させていただきまする。

扉の彫刻も素晴らしい。お~~・・・。当時最高技術の粋を集めて建造された権現造の本殿。久能山東照宮の造営により権現造が確立されたそうな。感嘆あるのみ・・・。多彩な装飾彫刻の数々・・・。柱から壁面まで無数にちりばめられている・・・。いざ拝礼、拝礼・・・。日光とは異なる威厳をもった神社であった。ちなみに日光東照宮は見事にこの久能山東照宮の真北にあるという。偶然の一致なのだろうか・・・。帰りがけ、目の前に広がる駿河湾の絶景を楽しみながら石段を下ったのでありました。八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ

番外編 静岡おでん紀行 VOL.5

いよいよ社務所が近づいて来た。この久能山東照宮は武田の築いた山城跡に作られたとのこと。現在は社務所までは日本平からロープウエイが通じているが、昔の人はこの急峻な表参道を登ってここまで来たワケだ。恐るべし久能山・・・。社務所から上も延々と階段。階段の段差もキツクなるのでこのような杖が用意してあった。久能山東照宮に参拝するには「根性」がいる。ここから先は無論「無料」ではありませぬ。社殿に入るにはおとな500円。連れもバテテ、杖をもって根性で先へ進みます。じいちゃん、ばあちゃんには非常にしんどい久能山東照宮参拝ですな・・・。社殿へ通ずる正門である楼門が近づいて来た・・・。気品に満ちた強そうな番犬・・・、いや獅子か。ここらが社殿の始まり・・・。家康の「手形」が飾ってある・・・。八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ

番外編 静岡おでん紀行 VOL.4

翌日は暖かい伊豆に向かった。せっかくなので静岡市街からほど近い久能山東照宮に行ってみた。通常は日本平まで車で上がり、ロープウエイらしいが、今回は海沿いの表参道から参拝だ。市街から30分も車で走れば到着。マジか!久能山東照宮というところはなだらかな丘陵地のようなところにあるのかと思いきや、このような切り立った山の上だった。ロープウエイがある理由がやっと理解できた。のっけから階段につぐ階段・・・。階段数の表示もある・・・。上に上に・・・。でも素晴らしいのは階段はなだらかであること。段差が見た目よりも全然ない。大変だが、急坂になっていなので比較的楽に登れるのだ。お~、随分登ってきた。海が輝いて綺麗だ・・・。海岸線を見下ろす絶景・・・。ようやく門衛所のある一ノ門に到着。門衛所で909段を踏破。振り返れば一ノ門越しに太平洋が光り輝いていた・・・。八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ

番外編 静岡おでん紀行 VOL.3

静岡おでん探訪は大成功!いや~、来てよかった(喜)。で、もう一軒ぜひとも訪れたい店がある。いつも満席で入れないというが、タイミングが良ければいけるかも・・・。ここです。大正12年開店という静岡県で最古の居酒屋:多可能(タカノ)さん。うわ~いっぱいだ~・・・。入れますか~~っ!やった~!ラッキー!一番奥の座敷が開いていたので通された。本物の純日本居酒屋で雰囲気も抜群だ。多可能といえば地酒。静岡市の地酒:萩錦が看板だ。評価の高い純米吟醸をいってみます!駿河湾の幸とともにいただきましょう!うまいっすね~っ!刺身も抜群だ!そしてここにきたらナントしても食いたかった「桜えびと野菜のかきあげ」。来た~っ!とは~っ!うまいっすね~っこれ~っ!
何を食っても美味しい多可能に大満足!幸せな静岡ナイトでした。八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援よろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ

番外編 静岡おでん紀行 VOL.2

おでんの他にもたくさんのメニュー。大将の似顔絵つき(笑)まず静岡に来たら「桜えび」ってことでいただきま~す!
とは~っ!あまいっス!おいしいい~!大将おすすめの岡山の清酒:喜平、いってみます!おお~っ、しっかりとした濃い口。さっ、おでんに突入!まずは最大の特徴のコレ!青のりとだし粉(魚粉)の入ったこの丸い筒状の器。このお店はの魚粉はタラだそう。静岡おでんにはだし汁がない。かわりにこの「だし粉」をぶっかけて食うのだ!なめてみるとイイ味!来た~~っ!まっ黒だ~っ!すべての具を串刺しにするのも静岡流。ただ、あのタワーみたいなダイコンはさすがにできないようだ(笑)これに目いっぱい「だし粉」をふりかける。じゃじゃ~ん!どうですう~っ!基本はお店の人が強制的に振りかけて出てくるのである。「だし粉」かけないでくれ。な~んてとても言える雰囲気ではない。この食べ方に絶対の自信をもっているのだ。とは~っ!うまいっす!
見た目はさぞかし骨太な味わいに違いないと思ったが、意外や意外!ふっくらと甘く、やさしい甘味を帯びている。このダイコンにはその甘味が満載だ!牛すじのだしを使った汁に多様な練り物から出た旨みがしみこんでいるのだ。来てよかったあっ!みよ!この黒さ!これなんでしょう(笑)たまごもこの通り!実にうまいっす!ワシには最高の味じゃ!そして静岡おでんの代名詞「黒はんぺん」。イワシやアジの骨ごとすり身にした逸品だ。おお~っ、独特の歯ごたえと味の深み・・・。し・あ・わ・せ(喜)八ヶ岳のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックすると得点が入ります。ご覧になりましたら是非「ポチッ」と押してくだされ!応援なにとぞよろしく!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ