穴場発見!グリーンヒル八ヶ岳

北杜市に穴場のリゾート発見!新宿区の保養所、グリーンヒル八ヶ岳である。広大な敷地にホテル、温泉、コテージ、温水プール、グラウンド、体育館等の設備が充実。しかも格安で、しかもあまり混んでない。これは穴場ですな・・・

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行 VOL.7

あ~、終わった・・・。開放感に満ちた気分で最後の夜は「食うぞ~!」
マラソンが終わるまでとっておいた焼肉。「食うぞ~!」
恒例の明洞の焼肉店で、牛の焼肉。日本では見たことのないアバラ肉をそぎ落した部位。
チャドルバギという。脂の部分が異常なまでにウマイ!今日は目いっぱい飲める!うめ~!禁断の牛生レバー。とは~っ、うまいっすね~っ、これ~っ!韓牛カルビ。バカウマ!(喜)味付けカルビも最高。食って呑んで、また食って・・・。デザートはパッピンス、いわゆる韓国風かき氷。これがまたフルーツ満載で美味しい!そしてコメダに負けないボリューム(喜)また来年も来るぞ~~っ!        おわり

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行 VOL.6

3/18日(日)、午前8時にスタート。約4時間後、ゴールのソウルオリンピックスタジアムへ・・・やりました!3時間44分で無事ゴール。4時間には余裕のゴールでした。1月からマラソン前日まで急に約600k走り込んだ「俄か練習」が効いたかも(笑)。4時間だけは超えたくないという「意地」のみで走りました!全員、無事完走しました!

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行 VOL.5

さて、マラソン受付後、東大門へ。土曜日の屋台はスゴイ熱気だ!ソウルマラソン前日は、タッカンマリ通りでも一番の行列店「チンハルメ・タッカンマリ」さんでタッカンマリ、いわいる鶏の丸炊きを食う。これを食うために毎年ソウルを走っているといっても良いほどのお気に入り。チームユキチ、全員集合!酒が進みまっす!あ~、美味しい!食いすぎ・飲みすぎ。明日が心配(笑)ホテルに帰り、ゼッケン装着!明日でフルマラソン実に59回目。ソウルマラソンは6回目の出場となる。デブになっても4時間はかかりたくない・・・。その意地のみで走ります。

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行 VOL.4

午後は、オリンピックスタジアムの日本事務局へ受付に・・・受付完了!明日はマラソン日和ですな。今度で6度目の出場だが、天気が悪かったコト一度もなし!記念撮影して帰りました。

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行 VOL.3

最初の昼飯はやはり焼肉でしょ!ってことで分厚いサムギョプサル。いわゆる豚の三枚肉である。明日はフルマラソンなので炭水化物も(笑)本場の石焼ビビンバ平壌式冷麺。これ凄くうまいっす!そしてチジミ。あ~、食った(笑)

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行 VOL.2

翌日の朝は、恒例のタラのスープのお店へ。地元の行列店なのだがNHKBC番組の「二度目のソウル」で紹介されてから日本人の姿も多くなった。このスープがたまらないおいしさ!おかわり自由です。午前中は明日に備えて少しランニング。観光名所をJOGして回る

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 2018ソウルマラソン紀行

今年も第89回目という歴史と伝統のマラソンレース、ソウル国際マラソンに出場してきた。毎年3月第三日曜日の開催。今年は3月18日、日曜8:10スタートである。例年通り、16日金曜日の16時発のANA金浦ゆきに乗る。羽田の国際線ターミナルヘ到着行ってきます!
機内で飲んだくれて、機内食も食ったがやはり物足りない。20時すぎにホテルに到着後、めしを食いに出発!ソウル市庁近くの美味しいお店へ。これが食いたかった!ポッサム。ゆで豚である。柔らかく出甘く、これを特製キムチに絡めて食うと最高の酒のつまみとなる。そしてチョッパル。全体が飴色にまるまで煮込んだ豚足である。たっぷりの醤油ダレの中で煮込まれしっかりとイイ味が染みている!薄切り部位は柔らかく甘く、やや八角が効いていたウマイ!骨周りの肉はかぶりつくのだ!大満足の夕食でした(喜)つづく

カテゴリー: 高原徒然日記 | コメントをどうぞ

番外編 別府・湯布院旅 VOL.4

初めての別府で、初めての昼食である。創業90年の歴史あるお食事どころ「とよ常」さんに伺った。創業当時より変わらぬ味と評判の看板メニュー「特上天丼」を注文。すんごいボリューム!これで750円とはすばらしい!うまいっすね~っ!これ~っ!特大のエビが2匹、野菜が4種類とボリューム満天!! 「秘伝のタレ」が絶妙な甘辛でした(笑)こちらは一日10食限定の「とり天丼」。こちらもボリュームたっぷりで800円!やや小ぶりなとり天。部位的にはささみの他、胸肉、モモ肉も使われているようだ。こちらも秘伝のタレが絶妙なタレが効いて食が大いに進みます。そして初めての別府、初めての地獄めぐり開始!この地獄の前のお店で、昼食のデザートとして地獄蒸し温泉卵。このセイロが地獄釜GET!剥くとやはりイイ色!期待できそう!ひひひ~っ!が、食ってみると地獄蒸し効果感じず。深く濃厚な味わいを期待していたが極めて普通。ガックシ・・・。では、これは!GET!がこれも普通の味だった。地獄蒸し・・・いかんな。で、地獄観光へいちいちお金かかります・・・この足湯、いい熱さで気持ちイイ。ついつい話が弾んで長足湯(笑)景色もイイ!別府湾と高崎山がきれいに見えた・・・。そして本格的な地獄めぐりへ突入!このようはチケット(2000円だったかな)を購入して10箇所ほどある地獄を周ってゆくのだ。ほんとに赤い(驚)乳白色のやつ煮えたぎつたやつそしてほんとに碧い!(驚)いや~、びっくりしました!色のついた温泉があるとは。地獄めぐり、一度はおいで(笑)
八ヶ岳情報のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックしていただきますと得点が入ります。ご覧になったら是非「ポチッ」とクリックしてくださいね!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

 

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ

番外編 別府・湯布院旅 VOL.3

お楽しみ、別府での夕食は評判の高いお店を見つけた。海鮮居酒屋いづつさんである。
海鮮サラダから。すんごいボリュームで美味しい!刺身盛り合わせ。これで2000円!ブリが天然で身も厚く、コリコリして歯ごたえもあり、そして甘い!メチャウマ。サーモンも鯛もカツオも全部美味しい!大分の名酒。常温でいただきました。甘口で飲みやすい!大分名物とり天。こんなジューシーなささみの天婦羅食ったことない!そして、そして、コレ!アオリイカでっす!とは~っ、うまいっすね~っ!これ~っ!人生で一番おいしいイカでした。遥かに函館を上回ってしまった・・・これも美味しかった!〆は鯛の茶漬け。もう最高でした。メチャ4人で食って呑んで4000円強。別府ってとても素敵なところです!ジジイ4名、大満足!いづつさん、ご馳走様でした!で、翌日。まずは温泉巡り開始。海岸の浜を別府駅のほうへ歩きます。いよいよ近づいて来た!これか!古民家風の家屋が見えてきた。こっ、これは!松山の道後温泉にも劣らぬ風情。竹瓦(たけがわら)温泉である。竹瓦温泉は1879年(明治12年)に創設され「竹瓦の湯」と呼ばれた。海岸近くに湧き出していた温泉を楽しむために、地元の漁師が簡素な小屋を建てたものが最初。竹瓦という名は、この小屋が竹屋根葺きであった事に因むものであるとされている。1938年(昭和13年)にこの現在の建物が完成。正面に唐破風の屋根を持ち、これに入母屋造や寄棟造の屋根や裳階が組み合わされ、複雑な表情を見せる壮麗で大規模な木造2階建ての建築。素晴らしい!お邪魔しま~~っす!なっ、なんと入浴料100円!
風情があります・・・入口レトロな湯です。砂風呂があるというのでチャレンジ。着替え場は別々だが、後は混浴とか・・・人生初の砂風呂。若いお姉さんが砂をかけてくれる(喜)しかし、なんと砂の重いことか隣は残念ながら・・・男(笑)15分間、動けませぬ・・・。でも気持ちイイ砂風呂、なかなか素晴らしいお風呂でした。「今度は指宿に行くか・・・」と夢心地八ヶ岳情報のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックしていただきますと得点が入ります。ご覧になったら是非「ポチッ」とクリックしてくださいね!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

カテゴリー: 名所探検 | コメントをどうぞ