番外編 別府・湯布院旅 VOL.1

長いことお休みしていました。再開しま~す!でも、あまり山荘に行ってないのでネタがなく、番外編で再開です。先週、学生時代の友人たちと大分の方へ行ってきた。羽田からJALでひとっ飛び・・・
東京は雨だった。雲を突き抜ければそこは快晴。高度を下げ、雲の下に出たが・・・。おお、視界がある。というか別府湾が綺麗に見え、今回登頂を目指す由布岳の特徴的な山容が奥に見える。けっこう海から近いところに聳えていたんだな~。大分空港から中津へ向かう。マズは腹ごしらえだ。中津といえばコレ!
唐揚げの聖地なんだそうです。来ました!うまいっすね~!ニンニクが程よく効き、思ったより味は濃くなくあっさり。でも中身がとってもジューシーで美味しい!しかもいろんな部位を揚げている。やはり鶏の鮮度が違う。大分、宮崎、鹿児島は鶏肉専門の肉やさんがあるくらい鶏肉が大好き。地元の地鶏を使用の唐揚げ、さすがでした!で、中津へ来た目的は、コレ!福沢諭吉の旧居にはせ参じたのである。自分の名前をいただいた偉人。恐れ入ります。人生半世紀以上生きてきて、同じ「諭吉」と名乗る人にまだ一度もあったこともなく、また名前を見たこともないのだが・・・
諭吉の銅像あり!福沢諭吉と早川諭吉(笑)。残念ながら、塾には縁がなかったのだが・・・この人たちは、もと塾生です(笑)資料館内にもあったので、ツーショット!いちおう俺も先生なんだけどな~(笑)諭吉の名の由来がわかった!下の写真「上諭條例」という書。これは清朝の全64冊におよぶ法令集で、諭吉の父親が長年欲しがっていたのだが、入手したその日に男の子が生まれた。そこでその子に題より一時とって「諭吉」と命名したのであった。ここに来てよかった!ちなみに私の場合は諭吉生誕100年にちなんで爺様が命名したそうである。すぐ近くの中津城。言わずと知れた黒田官兵衛の城である。立派な石垣・・・思っていたよりずっと立派なお城でした。八ヶ岳情報のブログランキングに参加しています。下のマークをクリックしていただきますと得点が入ります。ご覧になったら是非「ポチッ」とクリックしてくださいね!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

 

カテゴリー: 名所探検   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>