VOL.11 東村山:手打うどん 小島屋

武蔵野うどんといえば、先にリポートした「きくや」さんと並ぶ古参の一軒が「小島屋」さん。ここを食わずして武蔵野うどんは語れない一軒である。車で向かうとナントご自宅の庭が駐車場であった(驚)。

おじゃましま~す!おほ~・・・、うどん屋には似合わぬ青色の壁面。

のれんは開店から半世紀の伝統を感じさせてくれる・・・。

店内はムチャ、アットホームな雰囲気・・・。

いちおうメニュー表・・・。

マズは焼きだんごが名物ということで注文。おほ~、うまそう!香ばしいおいしそ~な匂いが立ち込めている!一本100円。

う~ん、おいしい!なんとも素朴な味わいでありました。

そして出てきました肉汁うどん!並盛で700円。おいしそう~!(ケド、郊外店のうどんとしてはチト高いかな?)

麺は中太。小島屋さんでは今でも「薪」で茹でているそう。お風呂も「薪」で沸かしたお湯は芯まで暖まりますが、うどんもガスで茹でるより柔らか~く仕上がるんだそうです。やってくれますね~!

そして最大の「売り」はこの汁。武蔵野うどんのスタンダードといえば「肉汁」。そう、実は小島屋さんが原点だそう。肉汁はこの小島屋さんが発祥の地だったのである。うほ~、いい匂いだあ・・・。

天ぷら(人参、タマネギ、かきあげ)も注文してみました。各100円。

さ~て、いただきましょう!自慢の「薪釜」で茹でた麺、いい感じです!

うお~っ、つゆの持ち上がりもイイ!
とは~っ!うまいっすね~っ、これ~っ!
とにかく肉汁が甘い!とても優しい感涙の甘さだ。麺も優しい柔らかさで肉汁と相性抜群。口当たりは柔らかいのだが、コシの強さを感じる!小島屋さん、流石でした。

This entry was posted in うどん. Bookmark the permalink.